北朝鮮必ずICBMを数年以内に完成させる、このICBMはロサンゼルスやサンフランシスコ、さらにはワシントンまで射程圏内に入る となるとアメリカは当然自国の防衛を優先することになるので日本や韓国を守ってくれなくなる どうする日本の核保有、自国防衛!?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

北朝鮮がICBMを開発すれば日米同盟は弱まる 現実味を帯びる「米国が日本を見捨てる日」
東洋経済オンライン / 2017年6月14日 16時0分

ドナルド・トランプ米政権が北朝鮮の核ミサイル開発を抑止するために平壌に「最大限の圧力」をかけるなか、北朝鮮のミサイル発射実験が止まらない。
6月8日には新型の地対艦巡航ミサイルを発射。これで4週連続の発射実験となった。
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、たとえ天地がひっくり返っても、米本土を攻撃できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発するまでミサイル発射実験をやめないと筆者はみている。
このことが日本の安全保障にもたらす影響について考察してみたい。

■北朝鮮がICBMを持つと「日米同盟の力が弱まる」

米紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)のジェラルド・ベーカー編集局長(55)が朝日新聞のインタビューに応じ、北朝鮮がICBMを保有した場合は「日米同盟の力が弱まる」との認識を示した。
5月22日付の朝日新聞の記事によると、同編集局長は北朝鮮がICBMを保有した場合、「サンフランシスコが核兵器で壊滅させられるかもしれないのに、米国が日本や韓国を防衛する見込みはまずない」と述べた。
日米の安全保障を揺るがす驚きの発言のように思えるが、これは米国の本音とみられる。

自国の安全保障が脅かされれば、他国の防衛より自国の防衛を優先するのはどこの国でも当たり前だ。特に北朝鮮がロサンゼルスやサンフランシスコ、さらにはワシントンや
ニューヨークといった大都市への核攻撃をちらつかせれば、米国の世論はこれを恐れる。そうなれば、米国は「核の傘」を含む拡大抑止力(同盟国への攻撃であっても自国への
攻撃と見なして報復することを示すことで得られる抑止力)を同盟国の日本や韓国に提供できなくなるおそれが出てくる。そして、日本や韓国は米国の保護を受けられず、
今以上に北朝鮮の核ミサイルの脅威にさらされることになる。これは日米同盟や米韓同盟が機能不全に陥ることを意味する。

こうした懸念を表明するのは、WSJの編集局長だけではない。元朝日新聞社主筆の船橋洋一氏も、月刊『潮』7月号で、朝鮮半島をめぐる今後の戦略状況の
パラダイムシフトの1つのシナリオとして、米国が日本と韓国への核の傘を事実上、差し伸べなくなる可能性を指摘している。

https://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20170614_176165/

考えたくないが、日本人は覚悟はしておいた方がいいんじゃないか。その日は突然来ると思う。

アメリカに頼らずとも日本の防衛は日本でするべきだと思う。そのためにも憲法改正必要。反対する政治屋マスコミはシナ朝鮮傀儡、注視する必要あり。

 

いいじゃないか、やっと、これを機会に日本も本気で軍拡しようじゃないか。北朝鮮が日本に対して何かやればただでは済まないという事を知らしめるべきだ!

北朝鮮がICBMを開発すれば日米同盟は弱まる 現実味を帯びる「米国が日本を見捨てる日」 a.msn.com/01/ja-jp/BBCEs…:それならそれで構わんよ。
平和ボケ日本人が目覚めるか、中露北連合に叩かれるかだ。
但し、中露北連合は核保有国。南北西で一斉に核砲撃されたら終わり
欧州も射程に収めていることを考えると、北朝鮮は世界的な安全保障上の脅威である。
RT @Birkeland2nd: 米 国防長官「北朝鮮への軍事行使は深刻な戦争に」
www3.nhk.or.jp/news/html/2017…
「北朝鮮に核弾頭を載せたICBMでアメリカを攻撃する能力があるかどうかについては、「まだ持っていない」とする一方、これを獲得する前に食い止める必要があるという考え」 だそうです。
RT @rinrinrin3655: 辺真一氏
「北朝鮮が7月3日にICBMの実験を行う可能性がある」#正義のミカタ pic.twitter.com/4QVTczKByB
e073740e710c97ce29f5eab9dabe619f_normal 北朝鮮必ずICBMを数年以内に完成させる、このICBMはロサンゼルスやサンフランシスコ、さらにはワシントンまで射程圏内に入る となるとアメリカは当然自国の防衛を優先することになるので日本や韓国を守ってくれなくなる どうする日本の核保有、自国防衛!?
RT @rinrinrin3655: 辺真一氏
「北朝鮮として残っているテストはICBMと核実験だけ」
「ワシントンを攻撃する能力を持たずしてアメリカに脅しをかけれる?」#正義のミカタ pic.twitter.com/JSghBDq7B2
e073740e710c97ce29f5eab9dabe619f_normal 北朝鮮必ずICBMを数年以内に完成させる、このICBMはロサンゼルスやサンフランシスコ、さらにはワシントンまで射程圏内に入る となるとアメリカは当然自国の防衛を優先することになるので日本や韓国を守ってくれなくなる どうする日本の核保有、自国防衛!?

・他国に自国の防衛を依存している現状は異常。本来国防は左右関係ないはずだが。

・自主防衛力を高めるのは当たり前のこと。ただ、アメリカ抜きの日本防衛は現実不可能。北の核開発で現状よりアメリカの抑止力が弱まるなら、より強固な日米同盟へと深化させねばならない。日本側のアプローチが強まる以上、当面はタイトルの逆だろう。

・日本の周りは変わった方が多いので、自国で防衛の強化したほうがいいのかも…

・実際のとこはそうだろうね。それを防ぐためにも、日本政府はうまいことトランプを焚き付けてICBM完成前に平壌爆撃の実現を!

・中韓とは切れればいいと思うが流石にアメリカとは離れられないなぁ…
金髪のあのおっさん、失脚してくんねーかな?

・やはり1994年のクリントン政権のときに
韓が多少犠牲になってもやるべきだった。

当時なら難民問題だけ全力で対処すればよかったが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)